文字サイズ
HOME > 食べる(スイーツ) > “氷”のれんに誘われて、長野の夏の風物詩

スイーツ

“氷”のれんに誘われて、長野の夏の風物詩

長門屋 長門屋

そば、うどんの食堂として市民や観光客で賑わう、明治30年創業の老舗。毎年6月〜9月限定の「かき氷」は長野の夏の定番でもある。自家製シロップを使ったシンプルな氷水で、いちご、レモン、宇治ミルクなど全16種。親子4世代で通うファンもいるという。中でも7月上旬からの季節限定「梅甘露(420円)」は梅の果肉入りで、爽やかな甘みが好評だ。職人染めが見ごとな、ノスタルジックな“氷”のれんも楽しみに。

【住所】長野市元善町468
【TEL】026-233-2286
【営業】11:15〜17:00(LO16:45)、※8月は〜18:00
【休み】水曜
【P】1台
【URL】https://nagatoya.jimdo.com/

戻る

  • 食べる
  • 買う
  • 遊ぶ
  • 暮らす
  • 交通
  • 知る・見る
  • 学ぶ
  • 泊る
  • 観光情報
ページトップへ