文字サイズ
HOME > 風林火山 ゆかりの地めぐり

風林火山 ゆかりの地めぐり

大河ドラマ「風林火山」のクライマックスでもある川中島古戦場周辺の「ゆかりの地」を紹介します。
この機会に歴史に触れてみては、いかがでしょうか。

信玄・謙信 一騎討ち像

信玄・謙信一騎討ち像

永禄4年(1561)の第4次川中島合戦は、5回あった川中島の戦いの中でもっとも激しかったと言われ、山本勘助はじめ多数の戦死者を出している。戦いの最中、武田軍の本陣に上杉謙信が攻め入り、武田信玄と一騎討ちを果たしたとされ、このエピソードをもとに、昭和44年の大河ドラマ「天と地と」放映を記念して銅像が建てられた。間近でみると躍動感があって迫力満点。両脇には武田方の「風林火山」と上杉方の「毘」の旗がはためき、記念撮影スポットとしても人気。

八幡社の敷地内にある信玄・謙信一騎討ち像
動きも表情もリアル

三太刀七太刀の碑

両雄一騎討ちの際、謙信は三度斬りつけ、受け止めた信玄の軍配には7カ所の刀傷が残ったとされている。このとき信玄は腕に2カ所の傷を負った。

執念の石

執念の石

八幡社の本堂脇にある一つの石。一騎討ちのときに助けに入った信玄の家臣・原大隅守虎胤は、傍らにあった信玄の槍で馬上の謙信を突いたが失敗。謙信を取り逃がした無念さから、この石に槍を突き刺したと言われている。実際に中央には槍跡と見られる穴がある。

猛将・原虎胤が槍を突き刺したと言われる「執念の石」
本当に中央に丸く穴が開いている

八幡原史跡公園

八幡原史跡公園

戦いの舞台となった八幡原。永禄4年の戦いの際には、信玄の弟で副将をつとめた武田典厩信繁、山本勘助らが戦死した。今は緑豊かな公園で、ペット連れやファミリーの憩いの場となっている。公園を囲むように桜が植えられ、花見の名所としても知られている。

見事な桜並木が続く八幡原史跡公園
シーズンになると花見を楽しむグループも多い

首塚(甲越直戦之地の石碑)

永禄4年の決戦後、信玄の重臣・高坂弾正が、戦場に残された数千もの遺体を敵味方なく手厚く葬った。義に厚い上杉謙信はこの行為に感激し、塩不足に悩む甲斐の国に塩を送ることを決めたという逸話が残っている。いわゆる「敵に塩を送る」ことわざのルーツ。

山本勘助の墓

武田軍の軍師・山本勘助は自ら考案した「きつつきの戦法」が失敗し、その責任をとって本陣を守るために果てた。1739年に松代藩鎌原重栄らによって、親鸞聖人御旧蹟信州柴阿弥陀堂境内に遺骨とともに移された。長野電鉄金井山駅下車7分。

妻女山

妻女山

永禄4年の戦いで上杉謙信が陣営を設けたと言われる小高い山。山頂の展望台からは、千曲川の流れと川中島平が一望できる。天気が良ければ北アルプス、戸隠、飯綱などの山々も見渡せ、信州のサンセットポイント100選のひとつに数えられている。

海津城(松代城跡)

海津城(松代城跡)

永禄3年、信玄が謙信との対決に備え、山本勘助に命じて作らせた。甲州流築城の模範となったと言われる名城で、川中島全体を見渡せる重要な地点にあった。昨年櫓門や太鼓門などが復元され、威風堂々な雰囲気。春は約20本のソメイヨシノが彩りを添える。

典厩寺(てんきゅうじ)

典厩寺

川中島の戦いで戦死した、信玄の弟で武田軍の副将・典厩信繁の菩提寺。境内には信繁の墓や、その首を洗ったという「首清め井戸」などがある。また信玄・信繁・山本勘助の画像ほか武具、仏具など貴重な資料を収蔵展示する川中島合戦記念館を併設。合戦の両軍死者を供養する閻魔堂の閻魔大王像は、日本一大きいことで知られている。近くの「おぎのや」と「そば蔵」の間には、同じ戦で討ち死にした、山本勘助の胴と頭を合わせたと言われる「胴合橋」があり、あわせて散策するのがおすすめ。

松代温泉

松代温泉

「武田信玄の隠し湯」として、川中島合戦で傷ついた兵士を癒したと伝えられる温泉。鉄分を含む赤褐色の湯は薬効にすぐれ、切り傷ややけど等の外傷、胃腸病、慢性婦人病などに効果があると言われている。国民宿舎松代荘は、日帰り入浴もできる温泉施設。広く清潔な内湯のほかに露天風呂もあり、ゆっくりくつろぐ事ができる。また松代温泉に隣接した加賀井温泉一陽館は、湯治場の雰囲気が漂う日帰り温泉。炭酸をとても多く含んだ湯で、毎日通う常連さんも多い。(写真は松代荘の内湯)

風林火山ゆかりの地マップ
長野市「信州・風林火山」特設サイト 川中島の戦い
ながの情報公式サイトへリンクします
長野市内の最新情報はこちら
ページトップへ